おすすめのスマホゲームの紹介&攻略サイト

GameEdge

スマホゲームの評価・レビュー

魔王「世界の半分をあげるって言っちゃった」の評価・レビューと序盤攻略!

更新日:

魔王「世界の半分あげるって言っちゃった」 評価
どうも、のんぺい(@nonpei_game)です!

今回は、ドット絵で珍しい世界観が特徴の放置ゲーム、「魔王「世界の半分あげるって言っちゃった」」の評価・レビューをしていきます。

先にひとことで言うと、世界観やキャラ設定が斬新で、進めるのが楽しみになる放置ゲームという評価です。

記事では、もう少し詳しく、

  • どんなキャラ設定・世界観なの?
  • バトルシステムは?
  • 無課金でも楽しめるの?

など、詳しく書きつつも、5分で読めるようにまとめました。

インストールするかどうかの参考にしてください。

魔王「世界の半分あげるって言っちゃった」

(3.4)
  • RPG
  • 放置ゲーム

世界の半分ってどんなゲーム?

世界の半分 どんなゲーム

魔王が勇者に約束した「世界の半分」をいつまで経ってももらえない勇者が、魔界に行き、逃げた魔王を追い詰めるという、懐かしいドット絵のスマホゲームです。

どこか憎めない魔王と、強欲で魔王を追い詰めまくる勇者。

プレイしているとどっちが本当のワルモノなのかわからなくなるストーリー展開が面白いです。

放置ゲームなので、基本は勇者の仲間キャラを使ってオートで魔王が逃げ込んだダンジョンのモンスターを倒していきます。

戦闘を眺めていて、ここぞという時に勇者を召喚することがクリアのコツ。

世界の半分の評価・レビュー

面白いところ

  1. 敵をバッタバッタとなぎ倒す爽快感が楽しめる
  2. 様々な職業があり、個性も豊かで集めたくなる
  3. 懐かしのドット絵で妙になごむ

残念なところ

  1. 単調な戦いに飽きてくるのが難点
  2. 自分が何もしない時間の方が長くなる
  3. キャラを育成する面白さが弱い

世界の半分のストーリー

世界の半分 ストーリー

▲魔王がボコられたところから始まる

ドラクエ1の竜王が戦う前に勇者に持ちかけた取引を想像させるようなやり取りが最初にあります。

「世界の半分をあげるから許してくれ」

勇者が魔王を倒すとき、魔王は最後に命乞いをし、命の代わりに「世界の半分を上げる」ことを約束します。

ですが、ずっと待ってても魔王から連絡はありません。

そのため、「約束の件どうなってるんだ?」という感じで、魔王のもとを再度訪れようとする勇者に対し、ダンジョンを作り勇者を足止めしながら逃げる魔王、というストーリーです。

世界の半分の勇者のキャラ設定

世界の半分 設定

▲頼られてばかりでイラついている勇者

主人公はよくあるドラクエ的な勇者ですが、品行方正で弱い者の味方のドラクエの勇者とは大違い。

村人からの頼りにイラついたり、世界の半分が欲しいという強欲な部分があります。

物語の演出は非常にシンプルで、勇者が魔王を見つけるものの、再度逃げられるということを繰り返していきます。

勇者は借金の取り立て屋みたいな感じの設定だね

魔王「世界の半分あげるって言っちゃった」

(3.4)
  • RPG
  • 放置ゲーム

世界の半分の世界観

世界の半分の世界観はドラゴンクエストそのもの。

魔王がいて、魔法があって、世界にはモンスターがあふれており、人々は怯えて暮らしている・・・。

ただ、ドラクエと違うのは、

  • 魔王はすでに勇者にボコられている
  • 魔王に世界の半分をもらうため追いかける勇者
  • 誤魔化して逃げようとする魔王

という、強欲な勇者と、どこか憎めない弱気な魔王という設定です。

プレイしていると、勇者がワルモノに見えてくるよ

世界の半分のバトルシステム

世界の半分 バトル

勇者の仲間は自動で攻撃&進行していき、ここぞという時に勇者を任意で召喚してダンジョンを攻略していく

感じです。

勇者は「スキル」みたいな位置づけで、戦闘の様子を見ながら、タイミングよく勇者を召喚してピンチを乗り切る、みたいなイメージですね。

世界の半分のバトルのコツ

世界の半分は基本、能力ゲーです。

モンスターを倒したり、広告を見ることでゴールドが手に入るので、それで仲間キャラや勇者を強くしていき、ゴリ押しで勝つというのが正攻法。

バトルが始まると、1F、2Fとダンジョンを進んでいくのですが、勇者以外の戦士や魔法使いなどの仲間キャラが各々の職業に合わせた攻撃をオートでしていき、やばくなったら勇者を召喚したり、仲間を強化しましょう。

世界の半分のイラスト

キャラクターのシルエットはドット絵で、攻撃の方法もシンプルな演出です。

派手さはありませんが、ドット絵で昔っぽい雰囲気が逆に良く、昔を思い出させてくれます。

世界の半分の遊び方・ゲームの流れ

放置ゲームなので、プレイヤーがやることは非常にシンプルです。

ゲームの流れ

  1. 魔王が逃げ込んだダンジョンを選択
  2. オートでバトルが進行
  3. 最終階まで行くとボスとバトル
  4. 魔王逃げる
  5. 再度、魔王が逃げたダンジョンを選択
  6. クリアできなくなってきたらソウルリバース

まずはモンスターを倒したり、広告や村人からのお金でキャラクターを成長させましょう。

召喚呪文やアイテムを多く取得すればキャラクターは強くなり、より攻略が楽になります。

キャラクターを強くして上の階にどんど進んでボスを倒せばステージクリアです。

世界の半分のソウルリバース(強くてニューゲーム)

世界の半分 ソウルリバース

世界の半分は、勇者が転生し、強さを引き継ぐソウルリバース(強くてニューゲーム)のシステムがあります。

  • アイテム以外は失う
  • HPと攻撃力+10%の状態で始められる

というもの。

この、アイテム以外は失うというところがポイント。

つまり、ソウルリバース前にできるだけアイテムを回収しておくのが望ましいです。

世界の半分のリセマラ

世界の半分にはガチャがないため、リセマラは必要ありません。

世界の半分の序盤の攻略法

世界の半分 攻略

序盤はゲーム内に表示されている広告を見るともらえるゴールドや、ゲームをやっていない時にもらえる「村人からのお礼」をキャラに使って強くしていきます。

ソウルリバースを繰り返すのもアリです。

ただ、アイテムは魔王城のボスを倒すと入手できなくなるため、以下のような攻略がおすすめです。

その場合は、魔王城のボスを倒さず、ボスのいる手前限界までアイテムを回収し、エスケープで脱出するのを繰り返します。

例えばボスが50Fにいるのなら、50Fまでのアイテムを回収して、あえてそこでエスケープで脱出する、という感じ。

ただ、けっこう根気がいりますし、ずっと進まないのもつまらないので、

モンスターが強くて進めなくなったら1~2回ソウルリバース

くらいで、あとは広告を見まくったりしてゴールドを貯め、キャラを強化していきましょう。

世界の半分の評価・レビュー【結論】

魔王「世界の半分あげるって言っちゃった」

(3.4)
  • RPG
  • 放置ゲーム
総合評価 (3)
モンスターをバシバシ倒して無双するのは爽快!しかし、育て方も変化がなく単調で、プレイする人によってオリジナリティが生まれないのが残念。最初のキャラ設定や世界観が珍しいため楽しめるが、物語が進んでもやることが同じなので飽きがきやすい。
イラスト (3)
イラストは昔テイストなドット絵を使っているのは斬新。昔のファミコン世代ならその懐かしいイラストが嬉しいかも。
演出 (1)
キャラクターの攻撃演出がそれぞれ違うのは良いですが、それ以外はほとんど同じです。物語が進んだとしても特別変わった演出もありません。
ストーリー (3.5)
主人公の勇者が強欲という設定や、魔王が逃げ腰のキャラ設定は珍しく、最初のストーリーなどは必見。
世界観 (3)
勇者が勇者らしくない設定と、モンスターが溢れてても世界の半分の方を優先する設定は見てて面白いです。
バトルシステム (3.5)
戦闘はオートで進行し、勇者を戦略的に召喚するというシンプルなもの。特に難しいことなくすんなりと始められるバトルシステムであり、モンスターを倒していく爽快感もあります。
操作性 (4)
基本的に放置ゲームなので、操作は簡単です。
やりこみ度 (4)
基本的にキャラを強くしないと先に進めないので、ゴールドを集めたり、ソウルリバースを繰り返してキャラクターを強くしないといけないです。ただ、プレイヤーごとに成長が変わる楽しさなどはないので星は4つ。
無課金への配慮 (5)
課金をした方が早くキャラクターを成長させられますが、基本的に広告を見ることやソウルリバースを使えば十分強くできます。放置ゲームなのでプレイヤーを拘束する時間も少ないため、気長に遊んでいけます。
メーカー Cybergate technology Ltd.
ジャンル 放置ゲーム・RPG
配信日 2016年11月9日
対応端末 iOS/Android
価格 基本無料/アイテム課金

-スマホゲームの評価・レビュー

Copyright© GameEdge , 2020 All Rights Reserved.