無料販促アプリで注目

完全無料アプリゲーム

ドラクエのように順素にRPGを堪能することが出来るゲームもあれば、インストールそのものは無料で出来てもゲームをプレイする中で特定のアイテムなどは別料金で購入することになる課金制を採用している作品もある。どちらがいいのかと聞かれると正直困るところだが、懐事情に優しいのは先にゲーム本体を購入する方が圧倒的に経済的には優しい。そんな中でインストールも無料、そしてか近世も決して存在しない、完全無料で利用することが出来るアプリゲームが登場した。嘘ではないのかと疑いたくなるかもしれないが、そんなゲームとは『カラドリウスブレイズ- タッチで回避!すり抜けフライト! -』というものだ。今作のアプリゲームは、現在発売中の同タイトルのPlayStation3作品で、アプリでその一端を体験することが出来るようになっている。販促目的として行なっていると言ってもいいような、そんなアプリだが本当に無料で利用することが出来るゲームというのは、色々な意味で魅力を感じられる。

そんなカラドリウスブレイズの販促アプリとして楽しめる今作も現在注目を集めているのだが、どんなところで興味を惹かれるのかを考察して行こう。

最近のゲームについていけないあなたへ
ホールの用途は様々で、企業セミナーや講演会、展示会、研修やシンポジウム等にご利用いただいており、「手頃な値段でちょうどよい広さ」とのご評価をいただいています。大阪 イベントホールhttp://www.esakahall.com/をぜひご利用下さい。

ゲームの概要として

さてカラドリウスブレイズというゲーム作品についてだが、知らないという人もいるかもしれないので簡単なあらすじから紹介していこう。

物語のあらすじ

錬金術師パラケルススは元素の制御方法を発見し、世界は技術的進化を遂げることに成功する。しかしパラケルススは人間の魂を用いた禁呪なる恐るべき技術を開発しており、その子孫達はその術式を守りながら現世から隠れるように暮らしていた。しかし安寧した時間は突如として打ち砕かれ、サザラ共和国を形成しているバラダン王国のグラハムの教唆によって一族の者が禁呪を持ち出してしまったことにより、世界の様相は一変した。グラハムは禁呪を持ち出した一族郎党を皆殺し、禁呪を用いて国民の魂から兵器を作り出す恐るべき開発を進めていった。そんな中で、辛うじて魂を抜き取られなかった者達性質による反抗が繰り広げられる、狂える王を止める為の戦争が、今開幕する。

アプリの特徴は

本作はホラーゴシックシューティングという風に呼ばれているゲームとなっており、アプリでも同様にシューティングゲームとして楽しむことが出来る。概要としては錬金術師であるエレノアからの攻撃を避けて、飛距離を競うミニゲーム仕立てとなっており、プレステ3版の本編とはまた違った世界観を楽しめる。アプリゲームの特徴は画面上部に発生する魔方陣から弾が射出されてくるので、その攻撃を回避しながらひたすらに飛距離を稼いでいくことになる。やりこみ要素としては十分で、またアプリゲームとしては複雑なゲーム性を搭載していない簡素な作りとなっているため、気軽に楽しめるのも特徴の一つだ。

操作方法も至って簡単で画面を左右に動かして障害物を避けるだけの、一昔前のインベーダーゲームを彷彿とさせる内容になっている。一定の距離をクリアしていくごとに自機と攻撃の速度が上がって激しい攻防を繰り広げることになるが、例えゲームオーバーになってもそれだけでは終わらない。というよりも、人によってはここからが一番のお楽しみであるという風に考えている人もいるかもしれない。

羞恥ブレイク風イラストを楽しもう

攻撃の嵐を食い潜りながら進めていても、一瞬の油断でゲームオーバーになってしまうことがある。こればっかりは集中力の問題などが絡んでくるが、通常のシューティングゲームではここで終了だろうが、今作では違う、例え撃墜されてもその後に楽しめる要素として『羞恥ブレイク風イラスト』なるものが待っているからだ。どういうものかというと、要するに登場人物の少女達の衣服が飛距離によって露出して行く、よく見かけるセクシーイラストを堪能することが出来るのが、このアプリ最大の特徴でもある。本来なら撃墜されたらいらだつところだが、ある一定のレコードまで飛距離を伸ばすことができたら撃墜されてギリギリまで引き裂かれた衣服から垣間見る、ちょっとセクシーなイラストを楽しむ事こそ今作の醍醐味でも有り、メインであると語ってもおかしくはない。

あくまで無料であり、そして本編をより楽しむために開発された無料アプリゲームとなっているが、お金を使用するという概念とは無縁の今作は人によっては魅力だ。例えゲームが発売されていることを知らなくても、課金制すら存在していない完全無料のアプリであれば話題性も十分だ。開発した企業もそうしたことも込みで宣伝として評価するなら成功したと、そう断言できる。

ゲームは1日1時間だよ

気に行ったらゲーム本編をやってみるのもあり

この羞恥ブレイクというシステムはそのまま本編でも採用されており、ストーリーを進めていく中で美少女同士の戦いが繰り広げられている中、プレイヤーが一定の攻撃を達成することが出来たら、敵が真の姿を曝け出すとして服が引き裂かれていく。見方と展開によっては少々刺激が強いかもしれないのが本作の特徴でもあるが、そういうのが好きな人にしてみればこういった要素も見所となっている。

世界観がよく分からない、または一遍でも分かるのであればまずは無料アプリとして配信されている今作をプレイしてからプレステ3本編を満喫するのもあり。

おすすめゲーム